治療法としてのスキンドライブ

スキンドライブシステムというコンセプトを使っての施術が分かりやすい漫画となっています。

ご自身の状態が患者様に与える影響を理解できることでしょう。

施術者の状態を自身の状況(母、父、各種職業など)に置き換えると、普段周りに与えている影響についても理解できるでしょう。

 

 

PDFを無料でダウンロードもできます。

 

治療効果を上げるためには

 

スキンドライブ無料漫画をご覧になられたでしょうか? 

施術者が患者様に与える影響が治療効果のカギとなります。もちろん手技やテクニックも大事ですが、最も根底にあるのは「術者の状態」です。 

身体と心の状態が整っている施術者が治療することで、患者様の症状を改善に導くことができます。簡単に説明すると【身体の使い方が上手】であり、【思考に力みがない】治療家です。

 どんなに良い手技を習っても状態が悪く不安で施術をすれば却って患者様を悪くしてしまうこともあります。そして、自分自身も悪くなってしまいます。

 治療家として働こうと思った場合には、まず「術者の状態」を学ぶ必要があるのですが、残念ながら学校やスクールでは教えてくれません。「術者の状態」を理解して研鑽できるのなら、昔ながらの手当てでどんな症状にも対応することができるのです。(脱臼や骨折の場合は整復が必要。整復後の痛みの緩和、治癒力の促進にはスキンドライブで対応できます。)

 既に既存の施術法をお持ちの治療家様は、「術者の状態」を整えることで既存の治療法の効果が数倍に上がることでしょう。 

 

術者の確固たる自信が患者様を癒す

世の中には、マッサージ、カイロプラクティックなどの徒手療法から鍼灸のように道具を使用する療法、気功やヒーリングのようにノンタッチの施術、手を当てるだけの手当てなど無数に治療法が存在します。しかし、同じ手技を行なっているにもかかわらず、結果が出る先生と出ない先生がいます。 

それは【自信】を持って施術ができているのかがカギとなります。どこかに「手技に対しての不安」「自分に対しての不安」「症状に驚いて緊張してしまう」などの気持ちがあると皮膚を介して【不安】が患者様に伝わります。 

患者様は無意識に不安を察するため、心地良く施術を受けることができません。患者様はリラックスすることができないので、自然治癒力が働きにくくなります。

 思考を整え【確固たる自信】を身に付けるには【自己催眠】がとても有効に働きます。 しかし、自己催眠をただ行っても「自信を持つ」までに至るには難しいのです。妄想になってはいけません。身体の使い方同様にコツがあります。基礎セミナーでは、自己催眠のコツを指導提案しています。

 

そして、患者様の肩こりや腰痛に対して施術を何回もしているのに解消されないということに悩んだ経験はないでしょうか?治療家の皆様なら治りやすい人と治りにくい人がいると感じていることでしょう。

それは、症状に対する強い思い込みが働き、改善しにくくなっているのです。

何十年も肩こりで苦しんでいると、脳が肩こりである状態が「正常」だと判断してしまいます。すると施術をして一時的に楽になっても脳が肩こりの状態に戻してしまうのです。

そういった根強い症状に対しては【他者催眠】がとても有効です。

患者様の潜在意識にアプローチして、「肩こりは間違った状態」であることを脳に再プログラミングします。症状の程度によりますが、催眠療法は2、3回と続けていくと深く潜在意識に入っていきます。すると、脳が正常な身体の状態を知り、自分の力で肩こりのない快適な身体に戻してくれます。

肩こりに限ったことではなく、思い込みが強く入りやすい花粉症やアトピー、アレルギー症状などにも催眠は有効です。特に思い込みで酷くなった症状には催眠で再プログラミングすると改善が早くなります。

このように催眠療法は、症状の改善にとても有効ですが「催眠」という言葉怪しいと思っている方も多いようです。しかし、人は皆「自己催眠」をかけて生きています。「私は自信がない」「おれは料理が得意」「スポーツは苦手」「僕はモテない」「私は音楽が好き」など全て【自己催眠】です。

「私は自信がない」という人は、もしかすると「あなたは何もできない」と言われたりと他者からの暗示を受けて自信が持てなくなったかもしれません。

催眠をこのように勉強していくと、メンタルトレーニング、自己啓発、アファメーション、コーチング、カウンセリングも全て催眠だと気が付けることでしょう。

そして、親、学校の先生は子供に暗示をかけて躾をしていることにも気が付けます。

子育てをしていると分かるのですが、子供に「ちゃんと座りなさい」と言うと「自分もちゃんと座らなければ」と思うはずです。ですから、人に何かを教えるときには自分自身にも暗示がかかるのです。

催眠療法を施すということは、自分にも暗示がかかるので決して悪いことは言えません。

このような内容を無料催眠漫画で分かりやすく読むことができます。 

 

催眠と聞くと何か怪しいと思うかもしません。この催眠漫画を見ていただければ、怪しいといった思いが払しょくされます。

潜在意識アプローチすることで、長年苦しんだ症状を改善させやすくなります。

スポーツのメンタルトレーニング、自己啓発のアファメーションも自己催眠で解決します。

コーチング、カウンセリングは他者催眠ができることでクライアント様をより良い方向へ導きやすくなります。

 

PDFを無料でダウンロードもできます。

 

基礎セミナーでは【自己催眠】、応用セミナーでは【他者催眠】を習うことができます。

術者の状態を整える【優しい動き】

 

思考を整え、自信を持つことはとても大切なことですが思考偏重になってはいけません。同時に身体を鍛え、整えなければ効果の高い施術ができないのです。

身体を鍛え整える日常動作は、スキンドライブシステムの【優しい動き】です。

優しい動きは、創始者 新井洋次先生が発見した日本人古来の独特の姿勢と動作です。着物文化、刀剣の変化、風土、武術などを勉強して発見したものです。

優しい動きは、日本人の民族性に合っているので日々実践してできるようになると、身体が柔らかくなります。また、武術の土台となる身体動作術なので、優しい動きを日常化すると自然と身体が鍛えられていきます。ここでいう鍛えるというのは、筋力トレーニングとは全く違うものです。

筋力トレーニングは、筋肉に効かせることを主としますが、優しい動きは効かせないことを主とします。筋肉に効かないということは、「疲れにくい」ということになります。また、部分の筋肉に効かせない動作は、全体を調和して使えることにもなるので疲れにくいのです。

治療家として大事な【正中線】も優しい動きをすることで確立されていきます。いわゆる【軸がある人】になれるのです。

人は軸がない人に付いていきたいとは思いません。いくら理論武装をしても、それは知識にしかすぎず、真に人を説得することはできません。

【軸】がある人には、自然と人が集まります。説得しようと知識を振りかざす必要もありません。【身体軸】と【思考の軸】が整っている人といると安心できるのです。

身体と思考の軸がある先生には、患者様が集まるのです。そのような先生は、肚が据わっており、安心に包まれています。そして、患者様の自然治癒力を最大限高めてくれる先生といえます。

 

 

優しい動きは、そのような身体軸、いわゆる【正中線】をつくるのに最適な動作術です。さらに肩こり、腰痛、股関節痛、膝痛などの痛みや症状も改善できる動作術なので、患者様に提案できるとても便利なものです。

 

スポーツにも対応した【華の動き】

 

スキンドライブシステムでは、日本人の民族性に合った動作を【優しい動き】と称し、西洋民族の動作術を【華の動き】と称しています。

日本でもスポーツの人気が高まり、さまざまな競技が行われています。そのほとんどが西洋発祥の競技です。西洋発祥ということは、西洋民族の得意な動作をもとにつくられているといえます。

日本人の姿勢と動作はスポーツを苦手とします。しかし、日本人でも西洋的な動作を柔らかく体現して世界で活躍する選手もいます。

西洋的な動作を柔らかく体現することでスポーツのパフォーマンスが劇的にあがります。しかし、スポーツの現状は筋力トレーニング、体幹トレーニング、バランストレーニングと力を込める練習をしているのが現状です。これでは、力み動作がくせになり柔らかい動きはできません。

トレーニング理論の延長でリハビリも行われ、身体を壊してしまう患者様もいます。力む動作を繰り返すことで症状の回復を遅らせることもあります。治療家やトレーナーが力む動作を指導することで、患者様を治癒とは反対の方向へ導いているのです。

 

治療家、トレーナー、指導者、コーチは、民族性を知りあらゆる動作を体現できるからこそ、選手をより良い方向へ導けるものだと思います。

スキンドライブと思考と身体を鍛錬

ここまでお読みになられた方は、治療効果を上げて患者様に元気になってもらうには、【自分の身体をまるごと鍛える】ことが大事だとご理解いただけたのではないでしょうか。

スキンドライブ(気の正体)、思考(催眠)、身体(正中線、軸)を同時に鍛え人間力を上げることが治療も含め、生活全般のパフォーマンスを上げてくれます。

これらは即物的にレベルが上がるものではありません。日々の実践が必要です。

気の正体と気の出し方を科学的根拠と仮説で説明すると、その場で誰でも気功のように触れないで骨盤調整(骨盤矯正)ができます。動画で行っている骨盤調整のデモンストレーションは、スキンドライブの座学とワークを行なえばすぐにできます。しかし、その先の高いレベルに上がるには、スキンドライブで提案する呼吸、鍛錬、自己催眠、優しい動きをコツコツ続けるしかありません。

 

それらの鍛錬等に「力み」が伴ってもいけません。力むという行為は不自然なのです。現代では、力むことがいいこととされているので自然体でいる人はほぼ皆無でしょう。一部の達人と称される人だけが自然体を獲得しています。

 

スキンドライブでは【自然体】を目指して鍛錬します。ですから、辛いトレーニングはしません。楽に鍛錬をしていきます。楽にといってもサボるのとは違います。

 

スキンドライブ基礎セミナーは、これらの入り口になります。日々、楽に呼吸ができるように、楽に思考できるように、楽に動けるように鍛錬します。また、座学の時間を長くとっており、気の正体を科学的根拠と仮説で学んでいきます。それから、ワークを通して治療家としての基礎づくりをします。

 

スキンドライブ基礎セミナー

【座学】

 

Ⅰ.皮膚機能の活用

a.皮膚機能の生理学

b.皮膚が持つ感覚・知覚

c.発生学からみる皮膚の役割

d.皮膚機能活用の可能性(気功の正体がわかる?)

 

Ⅱ.皮膚を介した交流

a.言葉での交流(会話)と言葉でない部分での交流

b.言葉の情報だけにとらわれない問診の仕方

 

Ⅲ.今ある治療法をより効率的にするために

a.術者の身体を整えることから始める

b.術者が患者に接する前までにできていなければならない呼吸法

 

【実技(ワーク)】

 

Ⅰ.術者の身体を整える

a.呼吸を整え身体の軸を作る

b.全身をリラックス状態にしスキンドライブが使える身体にする

d.自己催眠で脳をリラックス状態にしスキンドライブが使える思考に整える

 

Ⅱ.スキンドライブを体感

a.O-リングテストを使ってスキンドライブを体感

b.骨盤をスキンドライブで矯正する

c.頭、首、肩、腰、膝等の様々な部分にスキンドライブで治療をする

 

Ⅲ.優しい動き

a.日本人に適した身体の使い方

b.優しい動きを日常で使う

c.優しい動きが身につくと治療効果が高まるわけ

 

Ⅳ. 華の動き

西洋の方々を含め他の国々の方々に適した身体の使い方

正しい他の国々の姿勢と動作

スポーツやダンス等の海外発祥のもののパフォーマンスを上げる

 

セミナースケジュール→セミナースケジュール

  

セミナー依頼とご質問→お問い合わせ