· 

優しく強くなりませんか?

 

スキンドライブシステムの身体の使い方に【優しい動き】があります。

 

 

僕自身、【優しい動き】をして1年、2年と生活をしていくと身体がとても丈夫になりました(^^)

 

 

そして、何よりも【楽】なんですね

 

 

何が楽なの?というと

 

  • 歩いても疲れにくい
  • 重い物を持っても腰痛にならない
  • 人ごみの中をスイスイ歩ける
  • パソコン作業で肩こりにならない
  • おんぶと抱っこで腕や腰が張らない
  • マッサージなどの施術で疲れない
  • 努力してないのにパワーとスピードがついた
  • 雪かきが楽
  • 引っ越し作業で腰に張りすら感じなかった

 

僕自身の経験ですがまだまだあります。とにかく【楽】なんです(^^)楽でありながらもパワーやスピードが付くので強靭な身体になっていきます(^^)

 

 

「優しい動き」って【民族性】を紐解いた動作なんです。

 

 

日本人の民族的動作は、着物などの和装の所作と和装に合った姿勢です。姿勢がそもそも雑誌に書かれているものやテレビで言われるものとは大きく違います。

 

 

学校での指導や多くのトレーナーが指導される姿勢は日本人の姿勢ではありません。これらの姿勢指導を真面目に聞いて身体を壊されている方々が非常に多いこと。

 

 

デスクワークの良い姿勢は、見た目からして辛そうですよね(笑)優しい動きを取り入れてデスクワークをして戴ければ、腰痛や肩こりが解消されます(^^)

 

 

力を込める努力は必要ないですが、優しい動きが自然に出来るようになるまで【やり続ける】必要はあります(^^)

 

 

努力って「努めて力を入れる」って感じで固いイメージがあります。

 

 

「優しい動き」は力を否定していく動作なんです。ですから、努力っていう表現が合わないんですね。

 

 

民族性って「その土地の風土や環境がつくったもの」ですよね?

 

 

人間にとっての【自然体】を目指すなら民族性を無視できないのです。

 

 

しかし、自然体を提唱しているトレーナーさんなどが日本人の民族性を知らずに西洋的な姿勢と動作を教えています。そして、努力させる形で教えているので習う側は緩むどころか固くなりやすいのです。

 

 

ヨガなんかでつくる姿勢も固くなりやすいです。ヨガは日本の文化ではありませんから合わなくて当然です。無理な姿勢を作り、無理に腹式やら胸式呼吸をすれば当然辛くもなります。【無理】が入っている時点で【不自然体】です。

 

 

一方で「優しい動き」はというと、ストレッチやポーズを取るものではありません。

 

 

日常生活においての【立つ】【座る】【歩く】などを日本人古来の使い方に復元するものです。

 

 

日本人古来の動作を2年としているうちに

 

  • 歩いても疲れにくい
  • 重い物を持っても腰痛にならない
  • 人ごみの中をスイスイ歩ける
  • パソコン作業で肩こりにならない
  • おんぶと抱っこで腕や腰が張らない
  • マッサージなどの施術で疲れない
  • 努力してないのにパワーとスピードがついた
  • 雪かきが楽
  • 引っ越し作業で腰に張りすら感じなかった

このようになっていきました(^^)

 

 

努力はいらないです(^^)「明るく、楽しく」やっていただけです(^^)それが難しいと言うならスキンドライブ療法を行っている先生から「催眠」を受けるといいですよ(^^)

 

 

といった「優しい動きセミナー」を9月25日に東京で行います(^^)今回の講師は僕が担当です♪

 

お問い合わせはこちらから→お問い合わせ

 

 


スキンドライブシステムの治療コンセプトをDVDで公開→スキンドライブDVD

スキンドライブシステムのLINE@

 

創始者 新井と各インストラクターのブログなどお得な情報を随時アップ